キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

フィラリア予防薬の飲み忘れに気が付いたらどうすれば良いの?

フィラリア予防薬には色々なタイプがありますが、注射以外は基本的に1ヶ月に1度の投薬を必要としています。フィラリア予防薬は毎月同じ日に投薬しなければならないので投与する日を忘れないようにしなければなりません。しかし1ヶ月も間隔が空いてしまうとつい投薬を忘れてしまうという事もあり得ます。投薬予定日にフィラリア予防薬をあげ忘れてしまった場合どのように対処すれば良いのか、焦らず行動できるようにしておく事はとても大切です。

フィラリア予防薬を飲み忘れてしまったら

フィラリア予防薬で駆除できるフィラリアは第3~4幼虫期のもので、犬の皮下にて成長している段階になります。犬の体内にフィラリアが入り込んでから第4幼虫期に成長するまでの期間は1~2ヶ月程度と言われており、フィラリアの成長に合わせて1ヶ月おきに投薬をすれば確実に駆除できるとされています。しかし万が一1ヶ月を過ぎてしまっても、そこから1~2週間までの間に投与すればほとんどの場合は駆除できるとされているのです。その為忘れてしまった期間がこの範囲内の場合は、思い出した時点で投薬すればフィラリアがそのまま成長してしまう可能性はかなり低いと言えます。

1ヶ月以上投薬を忘れてしまったら

1ヶ月以上投薬を忘れてしまった場合、その時点でフィラリア予防薬が効かない第5幼虫期まで成長してしまっている可能性があります。第5幼虫期になるとフィラリアは犬の筋肉の中に移動して成長し、予防薬では駆除をする事ができなくなってしまいます。そうなってしまった時はすぐに病院へ行きフィラリアに感染したかどうか検査をしたくなりますが、実はフィラリアが成虫まで成長しないと検査をしても陰性となってしまい分からないのです。成虫になるまでにはおよそ6ヶ月間かかる為、1ヶ月以上飲ませ忘れてしまっても気が付いた時点で投薬を開始する事が大切です。そして次回のフィラリア予防開始の前に検査を行い感染しているか調べる必要があります。仮に投薬を3ヶ月忘れてしまってもその時点で感染していない可能性もある為、自己判断で投薬を中断するような事はしてはいけません。心配な場合はかかりつけの獣医師に相談して、医師の判断を仰いでから投薬を再開するのが良いでしょう。

飲み忘れがあっても焦らず投薬を再開する事が大切

フィラリア予防薬を飲み忘れたからと言ってすぐに症状が出たり、どうかなってしまう訳ではないので慌てずに投薬を続けてあげる事が大切になります。しかし毎月投薬をしている状態と比べると、感染のリスクが高くなってしまうのは事実です。そうしたリスクから愛犬を守ってあげる為にも、フィラリア予防薬を忘れないようにする対策をたてる事が何よりも重要な事だと言えます。

フィラリアの薬はいつからですか?

今や犬は家族の一員のように思われ色々な家庭で一緒に住んでいると思います。しかしながら犬独特の病気もありその代表的なものがフィラリアと呼ばれる病気です。何時迄もペットと楽しく過ごすためにも正しい知識を得るようにしましょう

フィラリアとはどのような病気で薬を与えないと死亡してしまうのですか?

まずはフィラリアという病気を理解しましょう。フィラリアという病気は糸状虫による病気にかかる事を指しています。この虫の感染は蚊による媒介で犬の体内に入り込みおおよそ120日ほどで成虫となります。そして成虫となった糸状虫が肺や心臓などに寄生し様々な病気を誘発します。そしてこの病気を放置すると死に至るという怖い病気です。感染してもすぐには症状が現れず、なかなかわからないのですがその間にも蚊を通してどんどん媒介してしまう恐れがあるので自分の犬はともかく近所の犬などにも充分注意が必要です。とは言っても野良犬などの存在も影響するので注意といっても限界があります。よってフィラリア予防の薬を飲ませる事が重要となって来ます。

フィラリアの薬はいつからですか?

フィラリアは予防できる病気の一つになっています。その開始時期はまずその犬がフィラリアに感染していない事が重要です。つまり感染していた場合は予防では無く治療をしなければならないという事です。もし感染したまま予防薬を服用するとショック死を起こす事があるので充分注意が必要です。まずは動物病院などでフィラリアに感染していないかどうかを検査しましょう。そしてペットショップなどで購入した場合は生後3ヶ月を目処に予防を開始する事がいいと思われます。この薬を飲んでおけば例え蚊に刺され虫が体内に入ったとしても成虫になる前に退治してくれます。犬フィラリアの予防は蚊が飛ぶようになったら毎月一回投与する事で効果が高くなります。可愛い家族の為にもしっかりと計画的に予防を実施しましょう。

犬をペットとして飼う以上はフィラリア予防は飼い主の責任です。

このように犬をペットとして飼う場合には必ずフィラリアの予防をしてあげる事が大事です。可愛いワンちゃん達は人間と違って自分で病気の予防をする事は出来ません。この病気になってしまうと見ているのが本当に可哀想な状態となりますので飼う以上は飼い主の責任として必ずフィラリア予防を行なってあげてください。

新着記事

フィラリアの薬、ハートガードプラスの特徴とは?

no_image

フィラリアの予防薬は現在様々な種類のものが発売されています。 その中でも特に有名なのがハートガードプラスという製品です

フィラリアの薬でどんな副作用があるの?

no_image

フィラリアという言葉は犬や猫を飼っている人は1度は聞いたことがある言葉でしょう。 フィラリアは主に犬が蚊などに刺されて

フィラリア予防薬の飲み忘れに気が付いたらどうすれば良いの?

no_image

フィラリア予防薬には色々なタイプがありますが、注射以外は基本的に1ヶ月に1度の投薬を必要としています。フィラリア予防薬は