いつから?フィラリア薬を使い始める年齢について

犬を飼うことになったら同時に付き合いが始まることになるのがフィラリア薬。
大事な犬を守るために必要なものですが、気になるのがいつからなのかですよね。
子犬から飼う場合は何歳からか、またある程度育っている場合は1年のうちどの季節がいいのかなど気になる点は多いでしょう。
今回はそんなフィラリア薬についての摂取時期についてご紹介します。

摂取してもいい年齢は特に決まっていない

新しく家族を迎えるにあたって子犬から育てる場合何歳からフィラリア薬の摂取をはじめればいいのか。
これについて、時期は特に決まっておらず離乳後であれば大丈夫ともされています。

ただ、時期で気をつけたいのが他の薬との摂取時期のかぶりで、狂犬病ワクチン、混合ワクチンと犬を飼い始めると摂取しなければいけないワクチンは多いのですがこの時期がかぶってしまうと犬にとっては負担となります。

ですのでフィラリア薬の摂取開始に関しては他のワクチンを受ける時期次第ともいえます。
一般的な順番的にはまず混合ワクチン、その1ヶ月後にフィラリア薬、そしてその後1ヶ月後に狂犬病ワクチンといった感じです。

季節は月頃から

1年を通した時期で見たフィラリア薬の摂取開始時期は5月頃が目安です。
フィラリア薬は蚊に刺されること、フィラリアの幼虫が体内に入ることを防ぐ薬ではなく体内に寄生した幼虫を駆除するための薬です。

そのため、媒介元である蚊が発生する時期の1ヶ月後が主な摂取開始時期となります。
となるといつまで摂取すればいいのかについては蚊の活動が活発ではない時期と言えます。

こちらはおおよそ11月から12月がその時期になりますので参考にするといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
摂取時期については生まれた時期や地域によっては摂取ワクチンのスケジュールは大きく変わってくる場合もあり、一概にこうとは言えませんがまずは一度かかりつけの獣医師の方に相談してみるといいでしょう。

また、蚊自体は地域や環境によっては年中いますので薬の止め時についても注意が必要です。

犬の薬徹底活用AtoZTOPへ

新着記事

フィラリア薬をあげる時の注意点とは?

no_image

フィラリア感染を防ぐためにはこのフィラリア薬は必要不可欠です。フィラリア感染のリスクが少ない地域などにおいても、皆がしっ

フィラリア薬をペットに飲ませて大丈夫なの?リスクはないの?

no_image

心臓病や肝臓病など、危険な病気のもとであるフィラリアを予防するためには、薬を飲むのが一番です。でもこの薬、副作用などのリ

いつから?フィラリア薬を使い始める年齢について

no_image

犬を飼うことになったら同時に付き合いが始まることになるのがフィラリア薬。 大事な犬を守るために必要なものですが、気にな